Recent Article

              
        

SL日本海庄内号(復路)

category - 羽前水沢~羽前大山
2017/ 09/ 24
                 
【撮影日 2017年9月24日 撮影場所 東酒田~砂越、羽前大山~羽前水沢】
今日もSL日本海庄内号を撮影に行ってきました。前後にはその他の列車も撮りましたが、枚数が多くなるのでまずはSLのみを。
初めは砂越で撮影。下り貨物の4061レと大した時間差がないことから、両方ねらえる砂越駅南側の跨線橋の下に行ったのですが、既に山形ナンバーの同業者がいつもの場所の少し後ろに陣取り、前に入ったらじゃまになるか尋ねたところ画角に入るというので諦め、別の場所へ。車の停め方がじゃまになっていたので、注意しときました。地元民に怒られるぞ。
で、北側へ。カーブの外側は先客が複数見えていましたので、内側へ。前に来る鈍行などで確認すると、前面には日が当たるものの、側面には当たらずで。でもしょうがないやとそのままの場所で。通過時間近くになると、新潟ナンバーの方など4名が集まり(高架バイパスの上にも1名)撮影↓側面に十分日が当たっていませんが、だいぶ日が動き、まあまあいいでしょう。
それよりも惜しかったのが煙。このカーブに入る前黒煙が見えていましたが、ここでは薄くなってしまいました。
DSC08281 20170924 9826c57-180SL日本海庄内号
撮影後、すぐに移動。下道を行っても間に合いそうですが、余裕をもって着きたいため、高速を使いました。今回砂越で1発目を撮ったのは、すぐ高速に乗れるから。これが余目だと高速が遠くて、昨日はぎりぎりだったので。

行ったのは羽前大山~羽前水沢間。通過40分前には到着。地元の老人2名に、山形ナンバーの親子3名がいました。
この場所にはその後4・5名の方が参戦。問題は、後から来て手前に陣取る人たち。

前回ここに来たのは四季島が初運行の時で、その時も今回と同じように、鉄撮りが趣味でない一般の方がルールを知らずどんどん前に陣取ってしまうこと。今回も3名が入り込み。ただ、ちゃんとしたカメラを持っていたから鉄撮りが趣味の方かもしれません。だいぶ離れているので、こちらの写界に入っていることに気づいていないのでしょう。隣の老人2名が「あや、まだ前に入ってしまった。」と嘆いておられて。その後も軽トラが入り、若い親子が入り、果ては普通乗用車が中間点に停車(年配の一般夫婦のようでした)。さすがにこれは注意しにいったら、別の方も後ろから注意してくれました。車は移動しましたが、中途半端でまだ写界に入るため、わたしが大声で、もっと動かすよう声をかけました。

そして定刻でやって来ました↓ほら、後から入り込んだ6名と軽トラ1台が。
DSC08286 20170924 9826c57-180SL日本海庄内号
もう1人、左やや後ろにいたのですが、この方は黒い服だったので目立たず。隣の方と「黒い服だと目立たなくていいんだけどね~。」と会話。機関車の手前にいる白服のお2人、目立っていますよ。
で、ここでは黒煙を吐いてくれ、忍法黒雲の術、で撮影者や軽トラを隠してくれました↓白服2名には忍法が効いていませんが。
DSC08288 20170924 9826c57-180SL日本海庄内号
ほら、上下黒服の方がいるのがおわかりでしょうか?みなさん、手前に入る時は目立たない服装で。春に桜を絡めに陸羽西線を撮りに行った時も赤服に入られ目立っていました。ちなみに機関車の左に写っている人は稲刈り中の農家の方なのでしょうがありません↓
DSC08290 20170924 9826c57-180SL日本海庄内号
誰もいなくなってほっと一息↓本当はもっと引きつけた写真もあったのですが、今一ピンボケ気味なのでこちらを。
DSC08292 20170924 9826c57-180SL日本海庄内号
通過時に機関車アップ↓
DSC08295 20170924 9826c57-180SL日本海庄内号
後追いで藤倉山を入れて↓
DSC08298 20170924 9826c57-180SL日本海庄内号
これにてSL撮影は終了。この時点で昼の12時近くでしたので、今日は深追いしませんでした。
久しぶりのSL撮影でした。列車の速度が遅いので追っかけができ、複数回撮影できるのが良い反面、撮影者が一般の方も含めて多く、撮影地が賑わって撮影しにくかったり、ルールを知らない一般の方が入り込んだりと嫌な面もありました。
昨日書いた笹川流れのマラソン大会、今日のようでした。現地で撮影された方は通行止めに合わなかったのでしょうか。
では出羽。
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

SL日本海庄内号(往路)

category - 小波渡~三瀬
2017/ 09/ 24
                 
【撮影日 2017年9月23日 撮影場所 勝木駅付近、鼠ヶ関~小岩川、小波渡~三瀬、西袋~余目~北余目】
今日(正確にはもう昨日ですが)撮影してきたSL日本海庄内号の往路を。
初めは山形県側のみで、酒田近辺のみで撮影かと考えましたが、あつみ温泉駅で30分も停車していることからあつみ前後でも撮ることに。
職場が鶴岡でなくなってから、めっきり行くことの少なくなったあつみ界隈です。
調べたら県境を越えた新潟県側の府屋駅でも11分停車することから、その1つ南にある勝木駅から撮影がスタート↓
DSC08224 20170923 9825c57-180SL日本海庄内号
勝木~府屋間にある海バックの有名お立ち台前を通ったら、同業者が30名くらいはいたでしょうか、なのでそこはスルーして勝木駅↓が見下ろせる跨線橋からにしました。これを見ると山あいの勝木駅ですが、この立ち位置から右に行くとすぐ日本海。有名な笹川流れがスタートする地点です。
DSC08221 20170923 9825c57-180SL日本海庄内号
この撮影後、すぐ車に乗って移動開始ですが、笹川流れ方面からの追っかけ組で小渋滞。ぞろぞろと30台位は車が続いていたでしょうか。付近の電光掲示板には、笹川流れのマラソン大会で通行止めの表示が出ていましたが、撮影者のみなさんは大丈夫だったのでしょうか。

列車が府屋に停車している間に追い抜き、あつみの道の駅から手前に海を入れて撮影↓
ここ、防波堤工事が終わり、高くなったおかげで線路手前を走るR7が見えにくくなって、車が目立たないようになりました。
普通乗用車なら隠れます。さすがにトラックは見えていますが。
DSC08232 20170923 9825c57-180SL日本海庄内号
すぐに移動を開始し、列車があつみ温泉へ停車している間に、あつみ以北へ。
前号で書いた通り、鈴の跨線橋付近はもう混んでいたのでスルーして、小波渡~三瀬の笠取峠へ。
ここも小波渡側はR7から10名くらいの撮影者が見えていたのでパス。駐車が大変ですから。
そして三瀬側ですが、ここは逆光になりますし、やはり駐車の問題もあってパス。
ですのでお初の場所ですが、峠を海側から撮影できる所へ↓前に来た827Ⅾです。
DSC08235 20170923 827d
そしてSL↓もう少し右に立って、左の小道や峠下の旅館などをカットしたかったのですが、ここは海に突き出た山の中腹で右は崖なので無理でした。落ちてられないし。
DSC08238 20170923 9825c57-180SL日本海庄内号
そのまま三瀬駅を通過するところを望遠で↓
DSC08242 20170923 9825c57-180SL日本海庄内号
また移動して、西袋~余目へ。通過10分前に到着できました。直前まで曇っていて、後から来た山形ナンバーの方から「ドン曇りですねー。」と言われたのに、通過する頃には日が差してくれました↓ねらいの稲穂を入れられて黄金に輝きVです。
DSC08251 20170923 9825c57-180SL日本海庄内号
余目に停車している間に北余目へ。しかし8分停車ではきつくて線路の東側へ行けず、仕方なく逆光の西側からシルエットねらいへ。
汽笛が鳴って左から見え始めたら右からも高速で列車が。上りのきらきらうえつが。やばい、かぶる!
でもきらきらうえつの方が速くて、先に通過↓
DSC08254 20170923 8872mきらきらうえつ
そのすぐ後にSLが↓撮影後にみたらシルエットになっていませんでした。まあいいか。
DSC08256 20170923 9825c57-180SL日本海庄内号
DSC08257 20170923 9825c57-180SL日本海庄内号
これにて終了しました。明日の復路も撮影予定です。では出羽。
                         
                                  
        

SL撮影前にEF510-509,1号機など

category - 酒田~本楯
2017/ 09/ 23
                 
【撮影日 2017年9月23日 撮影場所 酒田~本楯、北余目~余目、五十川~あつみ温泉】
今日はSL日本海庄内号の往路が運転される日。仕事もなく、子どもたちの大会等もなかったので、撮影に行ってきました。
SLの前に来た貨物もネタ祭りではありませんが、いいやつが来たので早めにスタート。
4061レにはEF510-509号機が入っていました↓そうそう、SLの途中まで気づかなかったのですが、以下の写真はすべてホワイトバランスが蛍光灯モードになっています。わざとしたわけでなく、先週の娘のスポ少の大会が室内である体育館であったため、その撮影の際に蛍光灯モードにしたのを直し忘れていました。すぐ直さないとだめですね・・・。
DSC08206 20170923 4061ef510-509
その後SLのために南下を開始し、余目に移動しての4075レ↓にはEF510-1号機が。
DSC08210 20170923 4075ef510-1
以上が2つのネタでした。以下はネタではなく通常の。
余目ですぐに来た2008М↓
DSC08213 20170923 2008m
あつみへ移動しました。鈴のカーブへ。近くのそばやで昼食をとった後、トンネル入り口へ。山形ナンバーの若者が1名いらっしゃいました。すぐに来た2003М↓U103編成でした。この時は曇っていました。
DSC08215 20170923 2003mu103
いなほ撮影後、若者に下り貨物が2本(851レと4091レ)通過したか聞いたところ、1本は通過したとのこと。
前の撮影の際に昼過ぎに通過したのは851レだったはず。じゃあまだ来ていないのは4091レだなと思い待ちました。
するとやって来た4091レ↓EF510-8号機でした。
DSC08216 20170923 4091ef510-8
SLの撮影に来たのか尋ねたところ、そうだと。あつみ温泉で30分も停車しているがその前の方に撮影にいかないのかも聞いた所、無難にここにずっといるという返事でした。まだ3時間もあるのにご苦労様でした。(帰りに通ったら、SL通過前には3脚10本位が立ち、入るスペースなし。この若者はしっかり陣取っていましたよ。なのでわたしは諦めて別の場所で撮りましたが。
そのSLは次号に載せます。
では出羽。
                         
                                  
        

南海交通477 大阪・京都・USJ~鶴岡・酒田線夜行バス

category - その他の乗り物
2017/ 09/ 23
                 
【撮影日 2017年9月22日 撮影場所 庄内交通酒田営業所】
昨日撮影したバスです。4月のゴールデンウィークから運行を始めた夜行バス大阪・京都・USJ便。それを運行している南海バスの車両を1度は撮っておきたいと思っていましたが、チャンスに恵まれず、昨日撮ることができました。
↓南海だけに、「サザンクロス」の表記がいいですね。でも北半球では南十字星は見れないんじゃなかったっけ?なんてつっこみを。
DSC08189 20170922 南海交通477
営業所に並ぶ高速・貸切用バス群↓(いずれも敷地外から撮影です。)
DSC08190 20170922 南海交通477
実は夕方だったので、バックには夕焼けが。ISO200で撮るとこんな感じに撮れました。(上の写真はISO800で撮影。)
DSC08191 20170922 南海交通477
大阪方面に1本で行けるのはありがたいものです。なにせ「白鳥」も「日本海」もなく、飛行機の大阪直行便もありませんので。
でも夜行バスは寝られなくて嫌です。(大学入学時に東京までの夜行バスを利用して寝られなかった思い出があり、それ以来利用せず。)では出羽。
                         
                                  
        

選手交代

category - 酒田港線
2017/ 09/ 23
                 
【撮影日 2017年9月22日 撮影場所 酒田港線酒田~酒田港】
酒田港線のDE10が3501号機から交代したとのことでしたので、ひょっとしたら並びが写せるかも、と行ってみました。
が、3501は倉庫に眠ったままで、昨日は回送されず、並びも撮れませんでした。
選手交代でやって来たのは、1687号機でした↓
DSC08188 20170922 de10-1687
前に撮影済みの1687ですが、ススキを入れて↓
DSC08183 20170922 de10-1687

DSC08186 20170922 de10-1687
それにしても、東新潟機関区のDE10は、どのようなローテーションなのでしょうかね~。所属機全部撮影したいのですが、冨山方面に行ってるやつは来ないのかなー。では出羽。